物損事故について | 千葉市のありがとう整骨院グループ

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
ありがとう整骨院 本千葉院
タップで電話発信
ありがとう整骨院 西千葉院
タップで電話発信
ありがとう整骨院 千葉寺院
タップで電話発信

物損事故について

2017/07/26 | カテゴリー:スタッフブログ

こんにちは!!

 

車

 

 

 

 

 

 

 

今日は事故の際の物的損害についてお話していきます。

 

道路交通法では「人の死傷がなく、器物損壊のみの場合を物損事故とする」と定義されており、事故を起こしてしまったものの相手に怪我はなく自動車が壊れてしまったときなどに物損事故として処理されます。

 

その際、被害者が加害者に対して請求できる物的損害は

修理費用・・・事故で破損した修理費

代車使用料・・・自動車の修理や買い替えの時に代車を借りたり、公共の交通機関を利用した際の費用

買い替え費用・・・自動車の修理が不可能な時や、その自動車の時価額を超える修理費がかかる時の買い替え費用

登録手続費用等・・・新しく自動車を購入するときにかかる税金や、諸手続きにかかる費用

休車損・・・バス、タクシー、トラックなどの営業車両が事故に遭って休業を余儀なくされたときの損益分

評価損・・・自動車を修理に出しても欠陥や性能の低下で自動車の市場価値が下がってしまったときの評価損

になります。

この他にも、自動車だけでなく車両に積んでる荷物が壊れた場合は事故との因果関係が認められれば物的損害として認められます。

thB88XJCJK

 

 

 

 

 

その一方で物的損害として認められないものもあります。

その例として代表的なものは慰謝料です。

交通事故の場合、自動車や自動車に積んでる荷物が壊れても慰謝料は請求できません。

 

なぜ慰謝料が請求できないかというと、物損事故の場合は賠償金を受け取ることによって精神的ダメージは回復されると考えられてるからです。

 

事故に遭われた際にはこれらのことを参考にしてみてください!!

 

 

 

 

スタッフブログ一覧へ戻る

営業時間
本千葉ありがとう整骨院

住所

アクセス

  • 電話番号
  • ネット予約
  • お問い合わせ
西千葉ありがとう整骨院

住所

アクセス

  • 電話番号
  • ネット予約
  • お問い合わせ
千葉寺ありがとう整骨院

住所

アクセス

  • 電話番号
  • ネット予約
  • お問い合わせ